せんせーションズに秘めた可能性!Hey! Say! JUMPの更なる飛躍への起爆剤

Hey! Say! JUMP扮する覆面ユニット「せんせーションズ」

このグループにHey! Say! JUMPの更なる飛躍の可能性が秘められているように感じます。

Hey! Say! JUMPではなくせんせーションズだからこそ期待できる可能性とは?

覆面ユニットせんせーションズのメリットは

ジャニーズでは度々グループ名義ではなく覆面ユニットとして別名義でCDをリリースすることがあります。

過去にも国分太一くんと堂本剛くんの「トラジハイジ」や山Pと亀梨くんの「修二と彰」などが別名義でCDを出しました。

どうせ発表されればバレるんだからわざわざ名前を隠してCDを出さなくても。と思うかもしれませんが別名義なりのメリットもあります。

先入観がなくなる

まず一つ目のメリットして覆面ユニットならアイドルファン以外にも先入観なく覚えてもらえる。という事です。

ジャニーズという先入観が最初に来ないのでアイドルファン以外にもとりあえず曲を聞いてもらえます。

実際に、山P&亀梨くんの「修二と彰」は別名義でリリースしたことと人気ドラマ「野ブタ。をプロデュース」の主題歌だったことも相まってアイドルファン以外、特に当時中高生くらいだった男の子たちにも人気が出ました。

「暗殺教室」も老若男女問わず人気のマンガですので「せんせーションズ」名義でリリースすることによって「修二と彰」と同じように多くの人に聞いてもらえればいいですね♪

これまでのイメージを払拭できる

二つ目のメリットはHey! Say! JUMPのイメージを払拭できる。

という事です。

「Hey! Say! JUMP」というグループ名のとおり、デビュー当時からメンバー全員が平成生まれという事をアピールしていたので

ジャニーズJr.と区別がつかない、まだまだ子供でしょ?くらいのイメージの人が大半です。

世間一般には多分年長組の薮くんと八乙女くんの印象ですらJr.時代で止まっている人も大勢いると思います

ジャンプメンバーももう立派な大人に成長しています。

ジャニーズというだけでなんとなくスルーされていた層から「せんせーションズ」でシングルをリリースする出すことによってまた違った印象で見てもらえると思いますので新たにファン層を広げることのできる可能性があります。

一度見てもらえればキレキレのダンスに、Jr.の人気者たちを集めた顔面偏差値の高さに加えて最近は各メンバーがドラマやバラエティなどにも露出が増えてきているので

「半沢直樹の中西くんじゃん!」

「ぬ~べ~の絶鬼とまことだ!」

のような反応に更なるHey! Say! JUMPの飛躍の可能性が秘められていると思います。

新たな可能性を秘めたせんせーションズ、活躍に期待!

既にジャニオタ、とびっこの間では当たり前のことでもそうじゃない人たちからすればまだまだ驚きの要素が残っているのがジャンプだと思います。

ジャンプには人数が多い故になかなか覚えてもらえない。などの悩みを抱えた時期もありましたが、今回のせんせーションズをチャンスにして世間からの知名度を上げてSMAP・嵐のような国民的グループへの起爆剤にして欲しいですね♪

こちらの記事もよく読まれています。

ABOUTこの記事をかいた人

Hey! Say! JUMP情報局

Hey! Say! JUMP情報局 Twitterアカウントではこのサイトの新着記事はもちろん、テレビ、雑誌などの出演情報を毎日お届けしています。
情報の早さと鮮度の高さならTwitterアカウントが一番です!
最新情報を少しでも早く知りたい!という人はぜひフォローをお願い致します♪