岡本圭人くんが通うあの上智大学へ行ってきた!~潜入レポ~

行ってきました!岡本圭人くんが通う上智大学!

8/1~3まで行われたオープンキャンパスに参加してきました。
受験生だけでなく誰でも入場可能なこのイベント。学園祭かと思うほどの人の山!山!!山!!

朝10時ですでに軽くアリーナクラスの会場の混み具合です。そして女子多っ!7割女子です♡昔から上智には不思議な力があって校内に入ると3割増しで品良く見えます(笑)。ざーっと見る限りJUMPヲタはいなそう。(つか、ここでツアーT着てたら引くわ)

※ミーハー心は体に染みついていますが、今回は息子の課題をこなす目的がメインだったので冷やかしやからかいではなく結構ガチで参加しました。

隣でせっせとタイムスケジュールを確認して課題をこなす息子を横目に、母は圭人くんの大学生活を想像しながら少し目線を変えてレポします!

もんげ~~~!

都会のど真ん中にドーンとそびえたついくつもの校舎。(地図だと東京ドームとテレ朝の間にある感じです)近代的なビルのトイレはめちゃくちゃスタイリッシュ♡もんげ~~!目がチカチカするほど眩しい(笑)!その奥には緑に囲まれた聖堂もあって(卒業生はここで結婚式を挙げたりします。)、広すぎず窮屈すぎず心地よい空間です。

▽化粧室も衝撃の綺麗さ!

圭人くんの通う「国際教育学部」は10号棟で主に授業をしているそう。色々な国籍の生徒さんがいる国際教養学部のそばにいくと一気に海外っぽさが溢れてきます。

学校から現場に向かうときはこの門から出たほうが地下鉄近いかな、ちょいちょい目撃情報のある喫煙所ってこっちかしら?と色んなことを思いながら校内を徘徊。

掲示板には11月の学祭イベント「ミス&ミスターコン」のファイナリスト5名のポスターが♡
(ファイナリストだけあって確かに5人ともかっこいいけど、エントリーNO.6岡本圭人が欲しい!)

国際教養学部とは?

授業が英語で行われて帰国子女の学部。とここまではわりと有名な話なのでご存知の方も多いでしょう。

FLA(Facuity of Liberal Arts)と呼ばれるこの学部にはハーフや海外の生徒も多く在籍しています。帰国子女枠と思われがちですが、日本で学んできた学生も受け入れています。(・・・と公には言ってますが実際はやはり海外就学経験のある学生が多いそうで、日本の学校のみで学んできた学生にとってはかなりハードル高いです)

国際教養学部の説明会にも参加してきたのですが・・・ワーオ!説明が英語!スクリーンに映し出される資料も英語!入口で配布された冊子も英語!こうゆうことか、こうゆうことなのか(ハードル高っ)何十年前に習った英語を思い出しながら必死で説明を聞いていると・・・

「君たちは今、受験勉強をしているかい?すごくハードにやっている人手を挙げて?(誰も挙手せず)ハハ~ン、うそだろ。それほどやってないのかい(笑)?いやいやそうじゃないよね。きっと君たちはシャイなんだ。そうだろ?でも僕は知ってるよ。日本の受験勉強はとてもハードなんだ。でも入学したらこの学部はもっとハードだぞ」

と、よくあるアメリカン調の会話ですが・・・笑えな~い。全然笑えな~い。アメリカンジョークに見せかけてまんざら冗談でもなさそうな雰囲気がバンバンする~。噂通りこの学部相当ハード!

「留年は素行が悪さが原因か?」なんて書いてるニュースサイトがいくつかありますが、おそらくそんなことではないです(笑)。課題も相当出ますし、英語に強いと言われる上智大学の中でも外国語に関してはエリート学部なのでそりゃ相当大変なはず。

1~2年生の時は基本になる軸の部分+αをがっつり学んで、3年次から本格的にコースを選択する方法(アメリカの大学や東大もこのパターンですね)のようなので、1~2年生のうちに単位を取れるだけとっておいて4年生になったら週休5日、というような夢の大学生活が送れるところでもなさそう(泣)。

卒業するまで毎年頑張らないといけないのか、と思ったら留年2年だろうと何だろうとここまでアイドルと並行して頑張ってきてる圭人くんてすごいです。

圭人くんも食べたあの味?!

オープンキャンパスの楽しみのひとつは学食♡ということで学食も巡ってきました。

まずは定番の学食。生徒さんから「マズイ」と絶賛評判(笑)の学食は入り口からいきなり男子校感!ここはスタイリッシュとは無縁の場所でメニューもうどん、そば、カレー、定食といたって普通。からあげ定食と単品のとんかつとコロッケを購入しました(食いしん坊チョイスかよ)

味は評定3.0。決して激ウマではないけど学食ってこのくらいのもの。とんかつ単品150円で文句言ったらバチ当たります。(Sorry学食)

帰り際に学食隣の売店をのぞくと・・・あった!カフェ好きな圭人くんもきっとお気に入りメニューが見つかりそうな充実の女子メニュー(笑)!ライスボウル(要は丼)やヴィーカン料理(菜食主義のベジタリアン+乳製品や卵などの動物由来の成分も口にしない主義のこと)のお弁当も揃えてある。カウンターにはチュロスやポテトもある♡フレッシュマンゴーヨーグルトジュースも。(売店て菓子パン売ってる所かと思ったらずいぶん進化してるのね)

このビルの屋上にはテラス席も用意されていてパンとラテを持って次の授業までのんびりしよう、ってセリフがモロ似合いそうなとこなんです。(テラス席で本を読む圭人くん想像中♡)別棟には手作りクレープが買える持ち帰り専用のカフェやハラルフード(イスラム教(ムスリム)の食べても良いもの)の本格的なレストランもありました。

圭人くんと同じ学部のかわいらしいハーフの女の子に校内を案内してもらい、半日たっぷりと見学をして圭人くんのキャンパスライフをほんの少し垣間見ることができました。

卒業まで決して簡単ではない道のりだけど圭人くんのペースで一歩ずつ前に進んでほしいなーと思いました!頑張れ圭人くん!

こちらの記事もよく読まれています。

ABOUTこの記事をかいた人

taromama

「三度の飯よりジャニーズが好き!」のおばさんライターです。
キラキラした世界を追いかけて気づけばジャニ歴38年。かわいいこの子もかっこいいあの子もみんなまるごと養子にほしい~。
今日も家族を巻き込んで絶賛応援中です。