今だからこそ、Hey!Say!JUMP2016年ツアーDVD「DEAR.」を語ろう!その②~RUN de Boo!の煽りに♡~

ジャニヲタ歴38年のたろままが「Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.」を語るレビュー企画第2弾!

今回も各駅停車で序盤の2曲「RUN de Boo!」、「キミアトラクション」の2曲を熱く語ってくれました。他グループのエピソードも含めた日本一熱いレビューは必見です。

今だからこそ、Hey! Say! JUMP 2016年ツアーDVD「DEAR.」を語ろう!~オープニング編~

2017.05.21

前回からまだずーっと「Masquerade」観てます!髙木くんのオラオラセクシーにいまだやられてる最中に薮くんもなかなか攻めてるではないか!ということに気付き、二人の兄さんたちの破壊力にやられてる毎日ですが今日はいいかげん次の曲へチャプターを進めます。

煽りにやられた「RUN de Boo!」

「ヘイヘイヘイヘイ、横浜アリーナ-!声出せっ!」と山田くんに煽られて横浜在住でもないのに無駄にテンションがあがります。たぶんジャニ好きはこの手の「やれんのか!」的な煽りが大好き♡

昔、KAT-TUNのライブに遊びに来た山下智久くん(当時NEWS)がKAT-TUNの煽りを聞いて「俺も「お前ら!」とか「声出せコノヤロー」とか言ってみたい!」と言っていたのですが(笑)、どうやらグループによってどこまでの言葉を使っていいか分けているらしい(笑)。

ちなみにKAT-TUNは煽りの宝庫で「声出さねーと命はねーからなっ!」と命まで奪われそうなほど煽られます(笑)スキ♡そろそろお気づきかと思いますが私はジャニーズ全般が好きで、その中でも男闘呼組やKAT-TUNなど黒い革パンツにゴツめの指輪をしているようなオラオラグループが大好きで(笑)

よくいえばやんちゃ、悪くいえばヤンキーあがりのホスト臭が漂う(それでいて中身へっぽこ)グループやメンバーに惹かれる習性があるので髙木くんも漏らさず目がいくわけです♡

その真逆にあるJUMPはキラキラの塊で眩しくて直視できないほどザ・アイドル!な存在でした。どの番組も全力でメンバー間のギスギスも露骨にでてなくて「なんだ?このモンスターグループは!」と驚いたことを思いだします。そこから一人一人のスキルと9人が集まったときのフォーメーションと、そして何より大所帯なのに仲が良いという謎に惚れこみ(笑)、今や着々と沼に沈みつつあります。

そんなキラキライメージしかなかったJUMPは煽りよりきっと甘い言葉のシャワーかなと思っていたので「声出せっ!」の煽りにゾクッ♡と本能が動き出しました。いいぞ~!JUMP!

そんなことに本能を突き動かせられながら曲は進み、曲後半の伊野尾くんの「今この瞬間のトキメキがたまんなーい!」の後!我が家のテレビには毎回子犬が現れるわけですよ。ものすっごくせつなくてかわいい眼をした子犬ちゃんと化した有岡くんが「拾って~」と言わんばかりの表情でカメラを追ってくるわけです。このノリノリの曲でこの顔します?

これはズルい!こんなんされたら保護したくなる!はあ~、家に連れて帰りたい。

そんな子犬ちゃんが曲終わりの「We gonna jump!」で客席に向かって手招きするのですが、そこはすごくオスで。もー忙しいよ、有岡くん。色んな表情ありすぎ。

Hey! Say! JUMPを体現した「キミアトラクション」

この曲好きです!というかこの曲を歌うJUMPが好き!私の思うHey!Say!JUMPはキミアトラクションにすべて表現されています。歌うパートと立ち位置がコロコロと複雑に変わって、それをいとも簡単にこなすのがJUMPの醍醐味で見ていて楽しい。細かい部分のワチャワチャした振りもかわいくてとにかくJUMPっぽい♡イントロだけでテンションあがります。

天井からハート型の風船が降ってくる演出もこれまたJUMPらしくてほんわかします。この風船拾ったらどうするんだろ。結構かさばるし。せっかくなら膨らんだまま持って帰りたいし、皆どうしたんだろう。(余計なお世話)

サビ部分の知念くんと伊野尾くんのあざとい二人の絡みは何回観てもかわいいと言ってしまう自分が悔しいからできることなら観たくないのに(笑)、どうしても1500%観てしまう。「wow wow独占したくな~る」って聴こえるとどうしても観ずにいられない(多分もう反射的)そして毎回かわいいって思ってしまうから伊野尾くんのシメシメ顔の思うツボ。

Aメロは二人の手でハートを作って、大サビは二人でがっちりカップルつなぎ(そしていのちねの頭がごつんとぶつかる神業♡)。くそ~、やっぱり今日もかわいいじゃないか♡!

すごく平和なメロディーの中、曲中盤リズムが変わるパートでは攻め気味に歌うメンバー(萌)。

「Try~今~日も長蛇の列っ」の薮くんの顔と「Ye~s!さあ覚悟を決めて~」の光くんの片目閉じてからのおいでおいで、が堕としどころのツボど真ん中!やぶひかの熟練技が光ります。(ちなみにこのやぶひか熟練技はこのあとのコンサート中にもちょいちょい出てきます)

そしてここから話し出したら止まらないViva! 9’s SOULへ突入します。

Hey! Say! JUMP情報局 中の人
なんと3曲目のキミアトまでのレポですでに4000文字(原稿用紙10枚分)オーバー!たろまま熱いぜ!

こちらの記事もよく読まれています。

ABOUTこの記事をかいた人

taromama

「三度の飯よりジャニーズが好き!」のおばさんライターです。 キラキラした世界を追いかけて気づけばジャニ歴38年。かわいいこの子もかっこいいあの子もみんなまるごと養子にほしい~。 今日も家族を巻き込んで絶賛応援中です。