Hey! Say! JUMP 2017ツアー発表!鬼倍率は必至?!穴場会場を探せ~!【理想と本気】

「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2017」の概要については前回書きましたが、今回はオススメの会場、倍率が高そうな会場についてお伝えします。

倍率が高くなりそうと早くも予想されている今回のツアー、とびっこの皆さんはどこに参戦しますか?オススメ会場など超個人的な主観でお伝えします♡

私ならここを狙う(理想編)

理想その① 北海道

お金にも時間にも余裕があるなら北海道と福岡公演!北海道は10月14~15日の2日間。オーラスですが中高校生は中間テストの時期ですね。そして遠征は本州を超えるとやっぱり高い(泣)

交通費のほかにホテル代もかかるので申込むのはなかなか勇気がいります。どのグループも北海道は倍率がそれほど高くなく、またなかなか来れない場所ということもありメンバーが優しい、ファンサが多い、と評判なので人気がある会場ですがそれでもやはりお値段を考えると諦めてしまう方も多いですね。

日帰り強行突破組もいますが例えば最終日のラスト16:30公演に参戦すると帰りの飛行機がかなりギリギリになる可能性もあり。(最終の飛行機も満席の可能性大!)オーラス行きたいけどさすがに北海道は無理。あきらめるしかないか・・・と思う人も多いはずなので余裕があるなら迷わずココ(笑)!

その② 福岡

そして福岡。8月16、17日の公演ですがお盆休み明けの平日なので正直社会人には厳しいです。今年のカレンダーをみるとおそらく10日~15日頃まで夏季休暇にする会社が多そうなのでお盆休み明けでまた有給はなかなか取りづらいものです(汗)特に17日はおすすめかもしれません。

遠征で福岡と北海道。季節も夏と秋。旅行でも最高の場所なのにそれがコンサートだなんてまさに理想ですね!「私ならここを狙う」といっても現実は節約とお弁当作りに追われる毎日なのでいつの日か宝くじが当たったらこの辺りを狙いたいなというあくまで理想です(笑)。

私ならここを狙う(本気編)

タラレバの理想編のあとは本気編です。今回の狙い目はどこでしょうか?FC会員数が40万人を超えて今回の会場の収容人数の合計が37万人強とすると全員が申し込めば3万人が溢れます。

会員番号がすべて生きているわけではないけれど、セットの作りから座席数がもっと少なくなることを考慮するとやはり溢れる=全滅の人が出てしまうことになります。まして複数の会場に申し込むとなればさらに狭き門ですね!今年のKis-My-Ft2のアリーナツアーは全滅祭りでした。特に横浜アリーナの倍率は凄かったです。

オーラス+お盆休み+みんな大好き横浜アリーナ!と、なれば当然申込み数は多くなり、横アリ1本に絞った人は落選組も大勢います。16倍?あるいはもっと?の鬼倍率とも言われています。オーラスや初日なんて贅沢は言わないからせめて1回は入りたい、一目顔を拝みたい!

たろまま的には三重、和歌山推し

個人的にここがいいかな、と思うのは三重と和歌山です。三重公演は9月9、10日。夏休みが終わったばかりで遠征組には日にちが中途半端。ツアーも中盤でこれまた微妙。と思う人が多そうなので三重推しです!

和歌山公演も9月30日、10月1日と普通の週末なので遠征するにはちょっとためらってしまう気も。だってここで遠征するならあと2週間ガマンしてオーラスに行きたい、と思いませんか?そう思う方が多いと信じて・・・和歌山推します!

人気会場は?

一般的にはオーラス、初日、メンバーの誕生日、が人気ですね。

今回はメンバーの誕生日当日のライブはありませんが初日の8月11日福井公演は中島裕翔くんの誕生日の翌日。ファンとしては誕生日の翌日、しかもツアー初日なら会いにいきたいですね!ツアーのスタートを一緒に切りたいという人は多いので(そういう私も初日大好き芸人です♡)、初日はダメ元で申し込む人が多いでしょう。

福井の会場は10000人収容と今回のツアー会場の中では小さめなので倍率もそこそこ行くと思います。「山の日」の祝日と重なっていることも倍率があがる要素になりますね。オーラスは先ほども書いたように北海道なので例年に比べるとそれほど倍率が上がらないと予想。

やっぱり熾烈?JUMP誕生の地・横アリ

ではどこか倍率が高いのか??たぶん皆さんも予想しているとおり横浜かなと思います。

今回のツアー、横浜より北は北海道しかないんです。そう!横浜より北に住んでいるファンが集まるのは必然的に横浜になります。(東北でも横浜より北海道に行くのは岩手や青森の辺りの方かなと思います。)また横浜公演は4日間で5公演とゆったりめで1日2公演するのは9月16日の1日のみです。

ということは公演日数のわりに参戦できる人数は限られるということ(怖っ)。ちなみに落選祭りとなったKis-My-Ft2の横アリは今回のJUMPと同じ5公演です。横浜アリーナは当たればラッキーくらいで申込むほうがよいかもしれませんね。

と、いろいろ書きましたが基本的には地元(近隣)優先の雰囲気はあります。地元(近隣)を信じるもよし、穴場を探すもよし、お財布と相談するもよし(これ大事!)。ひとりでも多くの方が参戦できますように!!

Hey! Say! JUMP 2017年ツアー開催発表も10周年の特別感がなし、追加公演の期待も

2017.05.12

こちらの記事もよく読まれています。

ABOUTこの記事をかいた人

taromama

「三度の飯よりジャニーズが好き!」のおばさんライターです。 キラキラした世界を追いかけて気づけばジャニ歴38年。かわいいこの子もかっこいいあの子もみんなまるごと養子にほしい~。 今日も家族を巻き込んで絶賛応援中です。