「コンサート動員力ランキング 2016」Hey! Say! JUMPは6位にランクイン!

画像出典:paul bevan

コンサートプロモーターズ協会(ACPC)調べによる「年間コンサート動員力ランキング」日経電子版で発表され、今年全7ヵ所35公演の「Hey! Say! JUMP LIVE TOUR DEAR.」に加え、大晦日にも「Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.」を控えるHey! Say! JUMPはジャニーズ事務所内では嵐、関ジャニ∞に次ぐ3番目、全体では6位にランクインしました!

事務所内だけではなく、着実に動員力を伸ばし着実に人気グループとしての地位を固めつつあるHey! Say! JUMP、とても喜ばしい結果です♪

2016年に動員力を伸ばしたアーティストは?

NIKKEI STYLEで発表されたコンサート動員力ランキング2016のトップ10はこちら。

順位アーティスト動員数
(万人)
公演数
1位BIGBANG185.960
2位93.932
3位関ジャニ∞87.535
4位ももいろクローバーZ63.621
5位三代目J Soul Brothers63.413
6位Hey! Say! JUMP54.636
7位Kis-My-Ft254.311
8位EXILE ATSUSHI50.112
9位AAA48.930
10位小田和正46.749
主要アーティストの16年に開催されたコンサートと、年末までのスケジュールが発表済みのコンサート(10月上旬時点)の会場収容人数を合計して、アーティスト別の「年間コンサート動員力」を算出

断トツのトップに輝いたのは公演数もトップ10の中では一番多く、桁違いの185万人を動員したBIGBANG、精力的なコンサートに加えて、午前中をファンイベントに当てたりと動員数を伸ばしたそうです。

ジャニーズ事務所からはTOP50に嵐(2位)、関ジャニ∞(3位)、Hey! Say! JUMP(6位)、Kis-My-Ft2(7位)、KinKi Kids(20位)、NEWS(25位)、Sexy Zone(38位)の計7組がランクインし、事務所別では最多となっています。

また、男性グループを多く抱える事務所として、いまやジャニーズ事務所と双璧といえるまでに成長したLDHは5位の三代目J Soul Brothersを筆頭に5組がランクインし、男性グループを抱える事務所が多くランクインする結果となました。

11位から50位までのランキングもチェック!

今回発表されたランキングではTOP50まで公開されています。

11位から50位までのランキングはこちら。

concertranking1.jpgconcertranking2.jpg

出典:NIKKEI STYLE

「2016年問題」と呼ばれる関東圏のコンサート会場不足が話題となった今年でしたが、人気を持っているアーティストを抱えている事務所は着実に大きな会場をおさえ、大規模なツアーで着実に動員数を伸ばしました。

Hey! Say! JUMPも見事6位にランクインし、かつてコンサートの空席を風船で埋めていたあの時の面影はなく、名実ともに人気グループとしての力をつけてきています♪

今年のツアーも無事終了しましたが、着実な成長を見せてくれた2016年の締めくくりとなる大晦日の「Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.」で2016年最後の勇姿をみせてくれることでしょう♪

(via NIKKEI STYLE)

こちらの記事もよく読まれています。

ABOUTこの記事をかいた人

Hey! Say! JUMP情報局

Hey! Say! JUMP情報局 Twitterアカウントではこのサイトの新着記事はもちろん、テレビ、雑誌などの出演情報を毎日お届けしています。 情報の早さと鮮度の高さならTwitterアカウントが一番です! 最新情報を少しでも早く知りたい!という人はぜひフォローをお願い致します♪