【ものまね王子】八乙女光のエピソード【正統派イケメン】

Hey! Say! JUMPのお兄さん組でJUMPバンドではベースも努めるモノマネ王の八乙女くん

小さい頃から金八先生で主演(丸山シュウ役)を演じたりジャニーズJr.の中では飛び抜けた存在でした。

東日本大震災の時にはすぐに被災地に向かったり頼り甲斐のある八乙女くんですが今回は笑えるエピソードを中心にまとめました。

小さい頃の夢はバックダンサー

八乙女くんの小さい頃の夢はバックダンサー。

きっかけはKinki Kidsのバックで踊る亀梨くんを見て目を奪われジャニーズ事務所に応募したそうです。

その後、ジャニーズ事務所入りした八乙女くんが始めてバックダンサーを務めたのもなんとKinki Kids!

今ではバックダンサーを夢見ていた頃の八乙女くんには想像できないほどの活躍ぶりですね♪

カレーライスへのこだわりがハンパない

とにかくカレーが好きな八乙女くん。

「小学校の給食で印象に残っているメニューは?」

という質問の答えももちろん「カレー」

カレーの中でも特に好きなカレーはお母さんの手作りカレー、ただ八乙女家のカレーは真ん中にご飯をよそってその上からカレーをかける様でそれが許せない。

カレーのベストポジションは左にごはん、右にルーが彼の主張。

そしてバーモントカレーのCMが決まったときは心から喜んだ。

ヒルナンデスでも披露している様に料理が得意な八乙女くんのこだわりは日に日に強くなっていってる模様(笑)

猫が嫌い

とにかく猫が苦手。

ロケ中でも猫に遭遇するとカメラが回っていても関係無しで本気で後ずさりからの逃走を披露。

むしろ、猫が歩いた道を歩くのすらイヤ。画像だけでもしっかり怖がる(笑)

猫が苦手すぎて漢字も分からないし、ネコ背ではなくタヌキ背と呼びたい。

でも子猫みたいな知念くんは大好き。

ちなみに猫が苦手な理由は「目が怖いから」

ラップを担当するようになった理由が適当

デビュー曲の「Ultra Music Power」「Score」「AinoArika」など数々の曲でラップを担当する八乙女くん。

現在は有岡くんとコンビで担当することが多いですが、八乙女くんがラップを担当するようになった理由は

「Ultra Music Power」のレコーディング直前に刺身に当たってじんましんができてしまい、「このブツブツ(ラップ)言ってる部分どうする?」という話になったときに「ブツブツできてた光がやればいんじゃない?」の一言で決定(笑)

 八重歯を誇りに思っている

出典:Photo by ePublicist

八乙女くんのチャームポイントといえば八重歯

「君の歯ってガチャガチャだね。」と言われ悩んだ時期もあったけど、ある日その八重歯を褒めてくれる人もいることに気付き、「この八重歯はゲームの中に出てくるレアアイテムみたいなものだ!」とポジティブに受け止めるようにしてから悩みだったはずの八重歯が愛すべきポイントになったみたいです♪

ヒマつぶしで滝沢くんに電話を掛けた。

Photo by Luke,Ma

事務所に入って間もない頃、「お母さんが買い物に出かけてヒマだから」という理由で滝沢くんに電話を掛けた。(当時すでに滝沢くんは大スター)

そして自分から電話をしておきながら途中でマンガを読み始め、滝沢くんが話しかけてもほぼ無視状態。

でも結局5時間くらい電話をしていた。

 

強心臓なのか何も考えていないのか分からないですね(笑)

明るくて前向きなJUMPのモノマネ王

八重歯のエピソードなんかは本当にいつも前向きな八乙女くんの性格が分かるエピソードですね♪

最近のヒルナンデスなどの活躍で八乙女くんのユーモアセンスが発揮できる機会がこれからもっと増えていきそうな感じなのでこれからも前向きに頑張っていって欲しいですね。

こちらの記事もよく読まれています。

ABOUTこの記事をかいた人

Hey! Say! JUMP情報局

Hey! Say! JUMP情報局 Twitterアカウントではこのサイトの新着記事はもちろん、テレビ、雑誌などの出演情報を毎日お届けしています。 情報の早さと鮮度の高さならTwitterアカウントが一番です! 最新情報を少しでも早く知りたい!という人はぜひフォローをお願い致します♪